肝性昏睡・糖尿病性腎症などの時の食事療法

肝性昏睡・糖尿病性腎症などの時の食事療法記事一覧

肝性脳症(肝性昏睡)を避けるための食事療法

肝性脳症の場合は、蛋白の制限が必要です。蛋白0.5g/体重1kgなので60kgの方なら1日30gまでが目安です。肝性脳症の原因肝性脳症は、肝硬変などで肝不全になったときに起こります。肝機能が落ちると代謝・解毒機能が悪くなり、血液にアンモニアなどがたまってしまいます。アンモニアは蛋白が原因でできるので...

≫続きを読む

肝硬変の食事療法は?代償期・非代償期の食事制限のポイント

食事は、肝障害の程度によってことなります。無症状のとき(代償期)バランスが良く、塩分が少ない(1日7g以下)食事にするように気をつけます。むくみや腹水があるときは、塩分の制限が必要です。自覚症状がでてきたとき(非代償期)塩分制限(1日5g以下)とたんぱく質の制限が必要です。なぜたんぱく制限が必要?蛋...

≫続きを読む

腎臓の合併症を防ぐには?糖尿病の食事療法の意外な注意点

糖尿病の治療と思って、低糖質、高タンパク、高脂肪の食事をするのはあまりおすすめできません。高脂肪の食事 −> 高コレステロールなど脂質異常症の原因に高タンパクの食事 −> 腎臓や肝臓に負担をかけます何なら食べてもよいのか?適切なカロリーをとるためには、たんぱく質か脂質か炭水化物でカロリーをとるしかあ...

≫続きを読む