低タンパク食でもうどん・そばが食べたい 蛋白調整の麺の宅配

低タンパク食でもうどん・そばが食べたい 蛋白調整の麺の宅配

うどんなどの麺には塩分・たんぱく質が多い

うどんやそばにはたんぱく質がたくさん入っています。
標準的なそばには1食(100g)あたり12g、うどんには9gのたんぱく質がはいっています。
塩分も2g以上はいっているので、腎機能が低下しているときは減らさないといけない食品です。

 

蛋白調節めん

キッセイ げんたうどん (3束入り)

 

このうどんは蛋白が100gあたり1.9g(普通のうどんの20%)、塩分も0.1g(5%)に抑えられています。
そばは蛋白が100gあたり2.9g(普通のそばの25%)、塩分ははいっていません。

 

キッセイ げんたうどんの成分表

 

これらの麺を使えば、麺好きの方でも安心して食べることができます。

 

ニチレイ公式サイト

 

キッセイのげんたうどん・そばの

ニチレイフーズの公式サイト

 

 

低タンパクのラーメン

 

キッセイげんた即席らーめん

 

減塩・蛋白調整の即席ラーメンもあります。
カロリーは350kcal、蛋白は3.6gに制限、食塩も2.3gに抑えられています。

 

カリウムやリンも抑えられており、ホームページ上で詳しい成分やカロリーを見ることができます。
こちらのページに即席めんのことをまとめています。