蛋白制限・塩分制限があっても食べられる即席ラーメンやうどん

蛋白制限・塩分制限があっても食べられる即席ラーメンやうどん

腎臓病だとラーメンはもう食べられない?

 

キッセイ 即席げんたらーめん しょうゆ味

 

ラーメンやうどんは塩分の多さで有名です。
実はめん類はごはんよりたんぱく質が多いです。

 

肉や魚が少なくて物足りないのに麺も食べられないなんて・・
しかし塩分や蛋白さえ少なければ、即席ラーメンや即席うどんも食べたいですよね。

 

そんな思いを叶えてくれる特別な即席ラーメンと即席うどんがあります。

 

 

スーパーには売っていない

最近スーパーでノンフライのラーメンをよく見かけますが、たんぱくや塩分を減らしたものはなかなかありません。

 

普通のラーメンは1食あたり塩分が5〜6g入っています。
腎臓病食では1日あたり4〜7g程度に抑えないといけないですから多すぎます。そのうえたんぱく質が10g近く入っています。そして市販の即席麺には、カリウムやリンなどの表記自体がないものが多いです。

 

 

腎臓病の人のための即席めん

キッセイ 即席げんたらーめん しょうゆ味

 

これはキッセイの「即席げんたらーめん」です。
みそとんこつと、しょうゆ味があります。

 

うどんには「即席げんたうどん」があります。

 

げんたシリーズの即席めんは、1食あたりカロリーはそのまま、塩分が2.3g、蛋白が3.5g程度に抑えられています。
カリウムやリンなどの成分もニチレイのホームページから確認できますが、
参考までに写真を載せておきます。

 

キッセイ 即席げんたらーめんの成分表

 

昼食などごはんとして食べるなら、全く問題ない塩分・蛋白量です。
お湯をいれるだけで食べられるので、昼ご飯などに適度に取り入れてみてください。

 

ニチレイ公式サイト

 

即席げんたらーめん・即席うどんの
購入はこちら⇒

ニチレイフーズの公式サイト