レトルト腎臓病食 常温で買い置きできる蛋白制限食

レトルト腎臓病食 常温で買い置きできる蛋白制限食

冷凍弁当で冷蔵庫が一杯に

キッセイの低たんぱくレトルト食

キッセイの低たんぱくレトルト食

蛋白制限食で真っ先に思い浮かべるのは、食事の宅配サービスや冷凍宅配弁当などではないでしょうか。

 

冷凍宅配は、だいたい1週間分まとめて配達されます。
業者にもよりますが、盛り付け済みなら1食分で、20cm×15cm 厚みが3〜4cm
1週間分だと高さが20cm位で、冷凍庫に重箱を3段入れるくらいのかさになってしまいます。

 

大きな冷蔵庫なら他のものを減らせば入りますが、旧型の冷蔵庫で冷凍スペースが小さかったり、冷凍庫自体が小さいと入れるのが結構大変になってしまいます。

 

そういうときはレトルトの蛋白調整食を使う方法があります。

 

メニューは弁当よりは少ないですが、それでも洋食、和食、スープ、中華、カレーやシチューなど合わせて30種類くらいあります。1品からの単品でもセットでも頼めます。

 

レトルトを使うポイント

  • 場所を取らない
  • 2年などの長期保存がきく
  • 野菜の食感が損なわれずおいしい

 

レトルトの利点は、保管が楽なことだけではありません。
それはです。
冷凍していないので、野菜がふわふわにならず、水が出たりしません。

 

湯煎すれば、冷凍弁当と同じように夕食にさっと食べることができます。
低たんばくのごはんと組み合わせて食べれば、さらに蛋白やカリウムを減らせます。